上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.07.29 tune the rainbow
-Title-
VARIOUS ARTIST (坂本真綾) "ラーゼフォン多元変奏曲 O.S.T."より


アジアカップ3位決定戦終了~~。
結果は0-0 PK(6-5)で韓国勝利。
韓国のタフネス(体力的にも精神的にも)に完敗、そして日本の不甲斐なさに乾杯(つД`)・゚・。
日本寄りの笛が吹かれ、相手に退場者が出て後半11分から延長戦が終わるまで11vs10で戦っていたのに、ゴールを奪えず。
それどころかシュートすら満足に撃てず、逆に相手は少ない手数でシュートまで持ち込むという・・・なんたるメリハリの差。
シュートを撃たないで勝てるかっヽ(`Д´)ノ
人数の少ない相手に引き篭もられて攻めきれないのはよくある話だけど、シュート数でも負けるってどういう事d
サウジ戦に続いての簡単なパスミスとかマークの受け渡しミスとか、細かい処を突付くより何より「決定力不足」という根の深い部分をどうにか・・・どうにか・・・(絶望的な心持に
『もう少し速攻を使い分けないとアジア以上のレベルと当たった時どうにもならない』
と話していた事が、アジアレベルの今日の試合でも露呈してしまいました(・ω・`)
遅攻が悪いとは言わないけれど、サッカーはゴールを奪ってナンボ。
この点、日本はDNAレベルで苦手なんじゃないかと思えるのですg
果たしてオシム監督は長年の課題にどう取り組むのでしょうかね。

続きはジャッジ絡みの事。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2007.07.28 BIG TREE
-Title-
CHAGE&ASKA album"TREE"より


大分遅れて録画していたオーストラリア戦、サウジアラビア戦を見ましたよ(・ω・
・・・あれ?日本良いじゃない。
グラウンダーのパスでこまめにサイドチェンジしている普段の様子をもどかしく思っていたのが、ここに来て1人2人と飛び越えて大きな展開も出来るように。
オシム監督の提唱する「人もボールも動くサッカー」が浸透してきてるなぁ、と素人目にも成長の様子が伺えましたネ。
オーストラリア戦は相手のコンディション不良もあってか、終始押し気味だったので追加点を奪って欲しかったのは事実ですが、前線からDFラインまでよく走ってました。
特にオーストラリアの攻撃をほぼ完封したDFラインは及第点以上の出来だったのではないかと思いまス。
個人的MVPは中澤。
サウジアラビア戦は・・・序盤余りにたやすくボール回しが出来た事とオーストラリアに勝った事で正直相手を舐めてたんじゃないかt
1失点目の起点になった不用意なファウルにそれが象徴されてるような気がしまス。
試合への入り方、ボールへの初動も相手が常に上を行ってたし、とにかく日本は精彩を欠いてたような印象。
ただ、失点後すぐに取り返す底力を見せてくれたのは非常に良かったデス。
あの試合を見ていた誰もが頼もしく思った事でせう。
負けはしたけれど、アジアカップの中では高いレベルのサッカーを披露したのではないかと。
個人的MVPは阿部。

今日の韓国戦も頑張って欲しいデスネ(´ω`)

以下若干の愚痴。
... 続きを読む
-Title-
スキマスイッチ album"夕風ブレンド"より


また更新の間隔が1ヶ月空いてるー!? Σ(゚д゚;)
まぁ色々ドタバタしてまして、ネットへ繋ぐ余裕があまり無かったというのが真相デス。
繋いでも更新するようなネタがない アジアカップの日本-オーストラリア戦について書こうと思っていたものの、まだ見てなかったり(・ω・`)
正確には飛び飛びで見てたんですが、地元のお祭があったり、姪っ子の相手をして体力を奪われてたり、で殆どTVに向き合う事が出来ず。
まともに見たのは延長後半とPK戦ぐらいなので、「日本はすっかり足が止まってるなぁ」とか「相変わらず集中してる時の川口は神がかってるなぁ」とか凡庸な感想しかありません。
同点ゴールを決めた後PKを盛大に吹かした高原ですが、PKは往々にして「技術的に優れた選手」や「この選手なら大丈夫」という選手に限って外すものなので、その点は仕方ないかと。
問題は1人少なかった(と後から聞いた)オーストラリア相手に追加点を奪えなかったチームの拙攻。
勝ちは勝ちとして喜びつつも、得点力欠乏症には今後も悩まされるんだろうなぁと思う結果デシタ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。