上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008.07.17 ホリデイ
-Title-
BUMP OF CHICKEN album"present from you"より


第2次亡命 第2次亡命
第2次亡命完了! 第2次亡命完了!

領地投資及び、国別イベント@ポルが終了したのでイスパへ亡命しました(´ω`)
以前のentry に書いた通り、ポル亡命当初は順位変動が著しく、その時点ではポルは3位でした。
6カ国造船亡命の為には上位のイスパを経由しなければならず、「また大国亡命かYO!」とか叫んでたら何か知らない内にポルがまた1位になってたようでs
今月23日にやってくるChap.4の動向(勅命)如何ではまた順位変動してもおかしくないので、久々に廃魂を奮いたたせてちゃっちゃと亡命。
さようならポルトガル、こんにちはイスパニア(´∀`)
腰掛けですが コンゴトモヨロシク。

続きは今後の亡命予定。
... 続きを読む
スポンサーサイト
2008.07.08 Makes No Difference
-Title-
SUM41 album"All Killer No Filler"より


造船で身動きが取れない大航海の裏で、Wiiのシレン3やってたりします。
以下ストーリークリアまで進めた感想。

・操作性
 クラコンかGCコン抜きには実質プレイ不可。
 発売日延期した割に基本動作がもっさり&ロードが致命的に長い(´д`;)
 サクサク動くのが売りのゲームがこんな重かったらあかんです・・・
 街中がシームレスならまだマシだったと思う。
 あと、ダンジョン内ではアスカ見参にあったスマートダッシュぐらい欲しかった。
 1000回遊ばせるつもりなら操作性が良くなきゃね(・ω・`)
・システム
 発売前に否定的な意見が多かったLv継続制。
 導入部だけだと思ったらストーリー中ずっとでした(・ω・`)
 長いストーリーをクリアしてからようやく本編(いつものシレン)とか。
 もっさりゲーでそこまでやる気を維持するのは大変デス。
 まぁ信者なのでクリアしたけd
・ストーリー
 過去のキャラクターづけを無視して超展開(主にアスカ)。
 散見される悪ノリと超展開の一部設定を除けばお話としてはいい味付け。
・ビジュアル
 演出面は悪くない。
 でも基本動作に影響を及ぼすようなら要らないと思われ。
・音楽
 イイ!!(・∀・)

総評:
開発側から見ればLv継続制はバランスを取りやすいんだろうけど、シレンジャーの大半はそんなこと望んでないのよね(・ω・`)
Lv継続制がやりたければチョコボやってなさい、という感じで住み分けが出来てたと思うのだけど・・・Wiiというハードの購買層を考えてライト向けになるのは仕方ないのかしら。
過去作のお約束を改変したり、些細な事ではあるけどどうも旧ユーザーは脇に追いやられてる感が拭えず。
あと、DSシレンからその傾向はあったけど追加要素が浅い。
「やりこみ度が」という意味ではなく、考えが浅くただ底意地が悪いorとってつけただけという印象。
デメリットも発想を転換すればメリットに変わるようなバランスを要求したいんですが・・・猫3スタッフにゃ無理か(・ω・`)
総じて駄作とまではいかないけど凡作かなぁ・・・VCでシレン2配信が切に待たれまス(ノ∀`)

とかだらだら書いてる間に
... 続きを読む
2008.07.02 Sweet Baggy Days
-Title-
the pillows album"Wake up! Wake up! Wake up! "より


EURO2008 Final 
ドイツvsスペイン Score.1-0

EURO2008はスペインの優勝で幕を閉じました!!ヽ(´∀`)ノ
過度の期待は禁物、と思いながらもLiveで見た甲斐があったというものw
内容的にもスペインらしさを貫いた試合で、美しいサッカーと結果とを両立させたのはお見事(∀`)
現代サッカーは非常にコンパクトでスペースが少ない為、美しいサッカーというのは「陣形でみる機能美」という観点からはありえても、華麗なパスワークで相手を翻弄するというのは年々難しくなっています。
そんな中でこのスペインの優勝というのは現代サッカーの潮流に一石を投じる意義あるものだったんじゃないでしょうか。

今回のEUROを振り返ると「ジンクス破りの大会」だったのではないかと思います。
スペインのベスト8突破・優勝もそうですが、何十年ぶりの○○、が多かったです。
過去のジンクスなんて今この瞬間を戦う選手にとって何の意味もない、と思う人も多いと思いますが、これがまた結構侮れなかったりします(´д`;)
特に国同士の戦いでは普段と違う・上手くいかなかった時「やっぱりか」と思わせる見えない圧力があるようです。
スポーツにおけるメンタルの重要性はここで語るまでもないことですが、今回のEUROでそれを打ち破る歴史的快挙が相次いだことは素直に驚いてます。
新興国の躍進等色々要因はあるでしょうが、技術的にもさることながらメンタルの強い選手が多く集った大会だったという事が言えるかもしれません(´ω`)

続きはロシアvsスペイン戦、ドイツvsスペイン戦のことをだらだらと。
... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。