上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.07.04 コスモタウン
-Title-
チャットモンチー album "表情"より


終わってみれば予想外の大差に。
若手がよく取り上げられるドイツだけど、今日の試合は、厳しい時間帯を上手くカバーして追加点を挙げるなど攻守に渡ってベテランの活躍が目立った。
元々カウンターの切れ味はイングランド戦で証明済とはいえ、押し込まれた中で毎回あれを決められる決定力は流石ドイツとしか。
本当に大舞台で強い。
逆にアルゼンチンは為す術無く散った、散るべくして散ったというべきか。
不用意な形で失点し、明確な戦術もなく攻めも個人技頼りではドイツ相手に力負けするのも当然という気がする
頼みのメッシも中盤で繋ぎ役では持ち味が半減。
中盤に攻守のパイプ役がもう1人居ればもっと前目でプレー出来てた筈。
やはりカンビアッソを呼んでいれば・・・などとウイイレ脳の俺は思う訳ですw
まぁ選手起用や試合運び・戦術論などあれこれ好き勝手言うのはサッカーファンの楽しみなので(ノ∀`)

さて、次は優勝候補大本命スペインとパラグアイの一戦。
南米勢躍進と言われていた今大会も決勝トーナメントに入り、スペシャルなチームブラジルが散り、もう一つの南米の雄アルゼンチンが散り、欧州勢の反撃が始まっている。
順当に行けばスペイン勝ち抜けだけど、このまま欧州勢が攻勢を掛けるのか、はたまた南米が意地を見せるのか。
そうした視点で見るのもまた楽しいかもしれません。
まぁ俺は明日早番なので録画して寝ますが(ノ∀`)

... 続きを読む
2010.07.03 ふわふわ時間
-Title-
桜高軽音部 同名singleより


まさかのオランダ逆転勝利!!
先制点を奪われてからの逆転勝利は今大会初ですね。
前半はブラジルの圧倒的な強さが際立って、オランダの勝てる要素は見当たらなかったんですが・・・得点の力って怖いわぁ(´へ`;)
あまり点の入らないスポーツだからこそ余計に。
ラッキーパンチとはいえ、強いチームが勝つとは限らないのもサッカー、というのを見せつけられた試合でした。
2010.07.01 LOVE IS DEAD
-Title-
B'z album "The 7th blues"より


よく頑張った!!胸を張って帰国してください(`・ω・)
という訳で、一夜明けてまとまりのない感想など。

前半は右サイドを中心にかなり攻め込まれて守備の時間が多く、際どいところを守備陣が体を張って防ぐシーンが多々見られた。
また攻撃に於いても本田△にボールを預けた後のルーズボール・セカンドボールを悉くパラグアイに拾われ、かなり厳しい時間の連続。
少ないチャンスもクロスバーに嫌われるなど忍耐の時間が続く。
高さと上手さを兼備するパラグアイの実力は確実に日本より上だった。
それでも随所で体を張り、運動量と組織力で実力差を埋める日本。
素人目にも、結束のあるいいチームになったなぁ、と思う。
後半、特に中村憲剛が投入されてからは選手全員が消耗している体に鞭打ち、果敢に前へ出て行き多くのチャンスを演出してパラグアイゴールに迫る!
もう後半は痺れっぱなしですよ( ゚Д゚)
流れは完全に日本。
しかしあと1歩が遠く・・・延長戦に入ってから決定的なチャンスを作るも、決めきれず・・・結局試合はそのままPK戦へ。
実は前日に何人かでスコア&勝敗予想などしてたんですが、この時点で見事に全員ハズレました。
まぁPKは・・・時の運なので仕方ない。
サッカーの歴史を紐解いてもえてして名手が外すもので、結果だけを粛々と受け入れるしかない。
むしろ120分で決めきれなかったところが日本サッカーの現実でもあるかなと。
PK戦という紙一重の結果ではあるけれど、実力的にもベスト8はまだ早いと突っ返されたのだろう。
120分、特に日本が押していた時間帯で決め切れなかった要因の1つは、個々人の技量不足だったように思う。
中盤での不用意なボールロストにせよ、前線でのファウル狙いで倒れる姿勢にせよ、そこで周囲を見渡す余裕があれば、或いはあと1人かわしていれば視界が開けたんじゃないか、と思うシーンが多々見られた。
若い選手がもっと海外へ出て、力をつけないといけない気がする。
ともあれ、予想外のPK戦は「負けなかった」ではなく「勝てなかった」という前向きな挑戦の結果。
もっと先が見たいチームだっただけに残念ではあるけれど、また4年後を見据えて、もっと現実的な力をつけて、また熱を灯してほしい。
本当にお疲れ様でした。
2010.06.28 chain
-Title-
稲葉浩志 single "遠くまで"より


決勝トーナメントを立て続けに消化してます。
ドイツ-イングランド。
アルゼンチン-メキシコ。
どちらも屈指の好カードで、どちらもハイレベルな戦術と勝利を渇望する気迫の応酬があり、そしてどちらも勝敗に大きく影響を及ぼす誤審が起こってしまった。
たらればの話をしても仕方ないとは言え、これはゴール判定における機械導入話がまた再燃するかもしらんね。
今までは「曖昧な人間の裁量が入る、それもまたサッカーの一部」という考えが主流だったけれど、これだけ多くの人間がTVやネットを使ってリアルタイム視聴しており、誤審かどうかもすぐビデオ判定で判ってしまうのに、当事者同士はそれを参考にせず違った判断の下で試合をしているというのは、こう言葉にしづらいズレを感じる。
時代にそぐわないというか。
少なくとも今この話が再燃したら自分は機械導入を支持すると思うね。
とまぁ、直接試合と関係ない話をしたけれど、勝者の2チームは完全に勢いづいた筈なのでこのまま勝ち進みそう。
オッズはこの2チームがかなり安定ですよ奥さん(?)。
-Title-
サンボマスター album "きみのためにつよくなりたい"より


荷造りの現実から逃避して試合の感想など。
一言で言うと、これ以上ない展開だったな、と。
日本の両サイドはかなり効いてたように思う。
パス回しばかりではなく、中に切り込める選手が居るのは大きいね。
1チャンスを見事モノにした本田の決定力とボールロストの少なさも光ったし、前線は珍しく良かった。
守備は相手に仕事をさせなかったというより、カメルーンが何したいのか判らなかったのであまり仕事もなかったという方が正しい気もする。
川島はGJ(`・ω・)
チームとしても、初戦で結果を残せたのは良かった。
過剰な期待は厳禁とはいえ、連敗続きで自信を失いかけていたチームにとって待望の勝利、そして本線出場に向けた大きな1勝だと思う。
次は優勝候補のオランダ戦。
デンマーク戦を見る限り、限りなく分の悪い相手だけどこの1勝をポジティブなエネルギーに変えて頑張ってほしい。

... 続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。